法律相談をしたい人へ

法律相談をしにいく際には本人が必ず行くこと、それが出来ないなら次に事柄に詳しい人に代理を頼むこと

Hot Ranking
法律相談をしたい人へ

法律相談にて代理は厳禁

法律相談においては相談をしにいく人は必ず代理ではなく本人が行きましょう。というのもやはり何が問題かを把握しているのは本人であり、代理の場合だとそれが分からずに解決できない可能性が高くなります。何より時にはアドバイスをして本人に幾つかの選択肢を選んでもらう場合もあるので、代理の方だとそこで法律相談は一時的に終わってしまいます。なので相談の際には本人が来るのが一番なのです。

もし何かしらの事情があって代理に頼まざるを得なくなった場合にはその事柄に関して詳しく分かる方に代理を頼み、選択肢が出た場合に備えてあらかじめ代理の方にその場合はこうして欲しいと伝えておきましょう。ちなみに本人が来るのなら、それ以外の方が同席をするというのは問題はないですが、その場合には同席をすることで法律相談自体がややこしくならないようにしましょう。というのも弁護士もスーパーマンではないので、数人からいっぺんに発言されると把握ができないからです。

そのほかお薦め記事

注目の情報

Copyright (C)2017法律相談をしたい人へ.All rights reserved.